愛媛県立中央病院

  • 電話
  • メール
所在地/〒790-0024 愛媛県松山市春日町83
ホームページ/
http://www.eph.pref.ehime.jp/epch/

先輩看護師からのメッセージ

入職した頃は、不安と緊張でいっぱいの日々で、はじめは環境や業務に慣れていくことで必死でした。しかし、どんな時にも相談にのってくださる先輩方や同期の存在に支えられ、担当した患者さんの疾患や治療、看護実践など多くの学びを得ることができています。就職し大切だと感じていることは、体調管理と、困った時にはすぐに報告・相談して確認することです。まだまだ課題は多くありますが、できるようになったケアや処置が増え、患者さん・ご家族から感謝されることもあり、やりがいを感じています。これからもよりよい看護が行えるよう患者さんとの関わりを大切にし、知識や看護技術の習得に向けて取り組みたいと思っています。(H31年度採用 籔内 佑衣)

先輩看護師からのメッセージ

1年目は、新人研修、新規採用看護職員研修、シミュレーション研修、ローテーション研修、リフレッシュ研修等多様な研修を設けています。また、固定チーム・デイパートナー方式やエルダー制等「部署全体で育てる」体制をとり、皆さんが安心して業務に取り組める環境を用意しています。

施設概要

病床数 827床
診療科目 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、脳神経内科、漢方内科、新生児内科、ペインクリニック内科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、小児外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、救急科、麻酔科、歯科
職員数 1,207名(うち看護師814名)令和2年10月1日現在

病院紹介

 当院は「県民の安心の拠り所となる病院であること」を基本理念とし、県民医療の最後の砦としての役割を果たしています。県内最多の病床を有し、高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター及びPETセンター等を併設すると共に、基幹災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、造血幹細胞移植推進病院、へき地医療拠点病院、地域医療支援病院等として、愛媛県下の基幹病院となっています。
○高度救命救急センター
 県下全域の3次救急医療をカバーし、重症救急患者を24時間体制で受け入れ、高度な医療を提供しています。ドクターヘリを運航し、救命率向上や後遺障害の軽減に効果を上げています。
○総合周産期母子医療センター
 24時間体制でのハイリスク妊婦や新生児の受け入れ体制を整え、当県の周産期医療を支えています。

基本方針・看護理念等

【理念】
常に看護の本質を追及し、「ぬくもり」のある質の高い看護を提供します。
 
【基本方針】
1.看護職として生命の尊厳・患者の権利を尊重します。
2.看護職としての役割を認識し責任を持って看護をします。
3.専門職としての知識・技術・態度をみがき、質の高い看護を提供します。
4.患者さんを中心としたチーム医療の一員としての役割を果たします。
5.経営健全化をめざし、病院経営に参画します。

求人情報

職種 看護師(助産師)
業務内容 病棟看護、外来看護など
雇用形態 正規職員
勤務形態 3交代制
(1)日勤(2)準夜(3)深夜
勤務時間 (1)8:30~17:15
(2)16:30~1:15
(3)0:30~9:15
休日・休暇 完全週休2日制(1週間当たり38時間45分勤務)、年次有給休暇(最大20日)、夏季休暇(3日)など
給与形態(初任給) 1)給与形態:月給
2)基本給:201,703円~216,276円
(業務経験、職歴等に応じて変わります。)
手当・賞与等 手当:扶養手当、通勤手当、住居手当、夜間勤務手当、宿日直手当 等
賞与(期末・勤勉手当):年2回
福利厚生 地方職員共済組合、看護師寮、院内保育所、文化・体育活動など
就業後の教育体制 エルダー制、新人研修、リフレッシュ研修 等

お問い合わせ先

愛媛県公営企業管理局総務課 
宇髙 浩平
電話番号:
089-912-2790
FAX番号:
089-947-6007

最新情報はHPをご覧ください。
病院見学も随時行っております。ぜひ、ご連絡ください。